qrcode.png
http://kubomizuki-akashi.jp
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

久保みずき
レディースクリニック

明石診療所
 
〒 673-0892
兵庫県明石市本町2丁目1-15
TEL.078-913-9811
FAX.078-913-9821
155357
 

スタッフブログ

 
フォーム
 
断捨離
2013-10-21
最近、めっきり寒い日が続きますね
みなさん体調は崩されていませんか
 
私は昨日、そろそろ冬物が欲しくなり、衣替えをしました
 
夏物から入れ替えるだけのつもりが、思いがけずかつてない洋服の断捨離大会に。。。
 
いつもは家族のいない平日に一人でしているので、衣類は右から左なのに、昨日は日曜。。。
夫と一緒に、ゴミ袋5つ分の衣類とさよならしました
 
少し前にテレビで片づけの番組を二人で見ていたこともあり、
なかなかスムーズに仕分けは進みましたよ
 
 
キーワードは”ときめくかどうか。。。”
だそうです
 
新たに出来たスペースが、なかなか新鮮ですがすがしい気持ちになりましたよ~
 
みなさんも衣替えの機会に断捨離いかがですか
 
 
明石市健康大学講座 講義させていただきました
2013-10-17
 去る10月15日(火)、明石市医師会館にて明石市市民健康大学講座の講義をいたしました。内容は子宮頸がん予防ワクチンと子宮頸がん検診についてです。60名前後の市民の方々の熱心な聴講をいただきました。少々緊張です。
 
 子宮頸がん予防ワクチンの有効性は証明されていますが、副反応の対策が不十分とのことで、現在「積極的には勧めない」という事実上中断の状況です。重大な副反応を被られた方々に対して、十分な補償や救済制度の充実と適切な治療が速やかに受けられる仕組みの構築を、緊急の課題として解決すべき事態です。 そのうえで、積極的な予防接種勧奨の再開が望まれると思います。
 
 一方子宮頸がん検診は、その有効性も高く、放射線の被ばくもない安全な検査法です。にもかかわらず、日本の検診受診率は極めて低い(欧米諸国の検診受診率は70~80%以上であるのに対して、日本はわずか25%、とくに発症のピークである25~44歳の女性ではなんと10%以下) そのため進行子宮がんを減らすという目的を達成できていないという話をさせていただきました。ぜひ、みなさん(とくに若い世代の方々)住民検診や職場検診などを利用してがん検診を受けましょう
 
院長
 
ブログ始めました
2013-10-05
スタッフブログ、はじめました
緊張の第一号です
ブログを通して皆さんに身近に感じて頂ければ…という思いではじめてみることにしました
 
さて、肝心の話題ですが…
なかなか難しいものですね
 
私は不妊相談を担当しているので、患者様と長くお話する機会をいただくことがあるのですが、
かと言ってこの病院についての要望を改めて伺うという事はあまりないな〜とふと思いました
 
もっとこんな風だったら、旦那さんも一緒に行きやすいのにとか、
もっとあんな風だったら快適なのに…
など、ありましたら是非教えて頂きたいな〜と思っています
なかなかスタッフから発信する機会がないので、ブログを通じて患者様との距離が縮まれば良いな〜
と思っています
是非身近に感じて頂いて、myスタッフを見つけてください〜
ブログの内容もリクエストがあれば、大募集してます〜
 
末長く、楽しくやっていくことを目標に
どうぞよろしくお願いいたします
 
看護師 近藤
<<医療法人社団 わざおぎ会  久保みずきレディースクリニック 明石診療所>> 〒673-0892 兵庫県明石市本町2丁目1-15 TEL:078-913-9811 FAX:078-913-9821